woom

「多少添加物が入っていても安い方がいい 」

そう思う
65%
そう思わない
35%
女性 (22)
添加物は、少し前まで気にしていたけれど、大量にとらなければ大丈夫という話を聞いて、あまり神経質になっても疲れちゃうと思った。ただ、海外などで承認されていない添加物については、避けたほうがよいかもしれません。
女性 (30)
ないに越したことはないが、身体に害のない程度の添加物なら個人的にはいいかなと思う。 ただそれは自分自身においてだけで、子供や家族には入っていないものを食べてもらいたいので、結局気を付けて食品を購入しています。
女性 (41)
我が家は家族が多く、多少の事であれば安い食品を買うことが多いです。 明らかに危険な添加物だったり、見た目に濃い着色料だったりすればさすがに購入しませんが、たいして危険でないのであれば、買っています。 そもそも添加物ゼロの商品を探すのが大変な世の中だと思います。
女性 (20)
私は学生なので、収入はほとんどありません。ですので、できるだせ安いものを買おうと思うのは普通の考えだと思います。たとえそれが少しまずくても、少し健康に良くなくても、お金がないのでよりよいものは買うことができません。
男性 (39)
添加物が本当にどれくらい身体に悪いのかははっきりわかっていないし、添加物が無い代わりに賞味期限が短くて傷んだものを食べてお腹を壊したらそっちのほうが害があるからです。気分の問題なので入ってるかどうかをいちいち確かめなければそのほうが気が楽です。
女性 (30)
オーガニック食材などじゃない限り添加物は入っている食材ばかりなので、添加物入っていないのを気にしていたらきりがないですし、それよりも安いものを買って 節約したいです。 安くていいもいい物はたくさんあるし、添加物なしの物を探す労力はない。
男性 (23)
現代社会において添加物が入っている食品やタレがほとんどだと思います。 私はアルバイトでたまに無添加の焼肉のたれの販売を行いますが、無添加だから買いますとのお客さんはほとんどいないですし、日本は衛生についてはしっかりとしているので添加物が入っていても不安になることがないからです。
女性 (30)
オーガニックのものにこしたことはありませんが、添加物に敏感になっていると食費も嵩むし、大量に摂取しなければ大丈夫と思っているので、あまり気にしていないです。多少であれば、添加物が入っていても安いのにこしたことはないと思ってしまいます。
男性 (61)
この先、あまり長くもありませんし、貯えもないし、まずいものには慣れていますので、食べれば何でもOKです。多少危険でも安いものは、上流階級の人々の犠牲になっている下級庶民には合っています。それで病気になっても、運命だと思っています。
女性 (32)
安い方がいいです。 私は子供が2人いますが、添加物などはあまり気にした事がありません。 1番の理由は、私の母が、全く気にするタイプではなく、私は至って健康体だからです。 気にするのが悪いとか、人に、「気にしなくても大丈夫だよ」など、言うつもりはありませんが、私は気にしません。
男性 (36)
無理に長生きしようと思いません。 昨今、年金問題が騒がれる中。無駄に長生きする老人が多過ぎる! 言わば「不良債権」です。 そんなお荷物になる位ならば、食べたい物食べて好きな暮らしをして 死ぬときは潔く死にたいと思います。
女性 (35)
無添加には越したことない。 無添加を意識して商品を選んでいた時期がありますが、疲れました。 商品を探し、一つ一つチェックし、金額もかかる。 母は、添加物の多い子供のお菓子を、私にあまり与えませんでした。その後は添加物を気にせずファーストフードやカップラーメンを食べています。 それでも現時点健康です。
女性 (47)
基本的に、添加物など書いてある裏をほとんど見ないし、見ても賞味期限ぐらい。一番最初に値段を見て、カゴに入れてしまうのもありますが、今の日本は昔ほど体に悪い物は入ってないだろう…と、ちょっと信用してしまっているところはあると思います。
女性 (36)
いまの現状、生活費の中でそんな毎回無添加の高いものは買えないし、多少気にしないで買っています。 子供の食べるものに関しては少し気になるので高くても買うが自分などはもうそこまで気にしないで安いのを買います。
女性 (63)
一概に添加物と言っても見た目を良くするための着色料などは入っていると良くないが、食品の保存を高める品質向上、栄養価を高める等のために入れてある添加物は入っていた方が良くそれでいて安いならば非常に良いと思います。
女性 (36)
添加物って合成着色料や防腐剤、それも有害なイメージが付きまといますが、実は食品の安全を保つために必要なものでもあります。 もちろん、発がん性が疑われるだとか、そういう危険なものは排除したいですけど、添加物全部が悪者だとは思っていません。
男性 (28)
多少添加物が入っているからといって、全てが悪いとは思わないからです。添加物が入っているからこそ、賞味期限を長くできたり、商品自体のクオリティを上げる事も出来ると思っているからです。添加物が入ってない商品は多少値段が高いので値段が抑えられるなら添加物が入っていていいと思います。
女性 (24)
正直添加物がなんだかも分かっていません。無添加!と書かれていたものと通常のものが同額で売られていても通常のものを買うと思います。無添加は何かが足りない気がしてしまって買う気になれません。健康にはなりたいけど。
女性 (29)
多少の添加物なら良いかなと思ってしまいます。 今現在いろんな食品が売っている中、全てのことを気にしてしまうとなかなか買い物も難しくなるし、気にしすぎることがストレスになってしまうと思います。ある程度は妥協が必要であると思います。
女性 (36)
添加物の有害性は書籍やメディアの情報でも知っているつもりですが、そうとは言っても家計面と合わせて考えるとそうばかりも言っていられません。家計とすり合わせてほどほどの品物を購入するので、結果的に安い(添加物の多い)食品を選びがちになっています。
女性 (34)
本当は添加物が入っていないに越したことはないのですが、家計の事を考えると難しいです。 添加物が入っていないものは高いのできついです。 安さも大事なので、多少ならば添加物が入っていても仕方ないと思ってしまいます。
男性 (40)
普段から気を付けていても、知らず知らずのうちに添加物を摂取していると思っているので、添加物に対してそんなに過敏になる必要はないと思うので、安い方が良いと思います。 ですが、多少の添加物がどのレベルなのかによっては、一概に安い方が良いとは言い切れない部分もあります。
女性 (43)
そればかりを食べるのであれば添加物が入っていないものを選ぶのがいいと思います。全てにおいて添加物の有無をチェックして購入するのはストレスにもなります。以前は気にしていましたが買い物にストレスを感じ億劫になりました。安ければ何でもいいというわけではないですが、添加物についてはきにしていません。
女性 (30)
正直に言うと、経済的に余裕があるわけではありません。なので、少しでも安く抑えたいという気持ちが大きくなってしまいます。明らかに体に悪そうなのは手に取りませんが、多少であればその商品を購入してしまうと思います。
男性 (30)
特に無添加であろうがなんだろうが、自分としては美味しければそれで十分だと思うからです。 添加物どうこうこだわっていくのもいいとは思いますが、神経使いすぎて、自分としては人生がちょっとつまらなくなりそうな気がしてなりません。
女性 (38)
添加物が全く入っていないものばかりを選ぶのはとても難しいことだと思います。また、お金もかかります。現在は健康に気をつけた食品も多く、多少添加物が入っていても、体に大きながいがあるとは思わないので、美味しくて安いものがあれば、添加物が多少入っていてもいいと思います。
男性 (33)
今はあまりお金を使いたくないので、出来れば安いものを買いたい、と思います。ただ、出来れば安くて添加物がないものがあるに越したことはないです。経済力との兼ね合いで安さを選ぶのか、添加物の有無を選ぶのか考えていけば良いかと思います。
女性 (43)
添加物は、賞味期限を保持するために使われているものも多く、日本の場合、使用できるものは決められており、安全性も厚生労働省がちゃんと把握しているものなので大丈夫ではないかなと思うので多少入っているのは仕方がないかなと思うからです。
女性 (31)
私達の身体は多少のものであれば防衛機能が備わっているので問題ないと思います。 むしろ、端からリスクを避け続けていると耐性がなくなったり免疫が落ちてしまうと思っています。 だからといって積極的に添加物を摂取し続けるのは反対です。どれもそれなりがちょうど良いと思います。
女性 (37)
そう思います。 このご時世、無添加、オーガニック等高級なものを買えるほど余裕がなく、安さや量を重視します。 「熟成まぐろ」のお刺身に添加物のシールが貼ってあり気になりますが、目をつぶっています。 ホームベーカリーが家にあるのでパンは家で無添加で作っています。
男性 (39)
食品添加物は確かに少ない方が良いと思います。 ですが、昨今の食品については添加物が多すぎる。 なので多少は目をつぶるようにしています。 体に悪そうというイメージも確かにありますが、消費期限が長くなるというメリットもあります。 添加物の量や、金額の差がどれくらいかにもよりますが敏感になりすぎる必要は無いと思います。
女性 (22)
安い方が生活しやすいし家計をいちいち圧迫しないですみます。 あくまでも多少くらいならそんなに大きな病気のリスクがないのでその方が私にとっては嬉しいことです。 それに、長い目で見てお金と健康状態がいいのもこっちだと思います。
女性 (34)
もちろん無添加が1番体には良いと思いますが、添加物が入っている食品がたくさん溢れているのが現状です。無添加のものを選んでいたら、価格が高いため生活が遣り繰りできなくなるので、健康には無添加が大切だとは言え、生活をする上では妥協も必要だと思います。
女性 (35)
生活に余裕がある人は高くても添加物がない物を選べばいいと思います。忙しくてお金に余裕のない人は、いちいち添加物の事なんて気にする余裕等はないのではないでしょうか。添加物の事で悩む方は時間にも余裕があるはずです。
女性 (44)
あくまでも、多少の添加物に限ります。いかにも添加物まみれで、色が不自然なものや味が決まりすぎているものは避けます。一方で、完全に無添加のものは値段が高過ぎて、家計を回す身としては、全てを無添加には現実的にできません。多少添加物が入っていても安いものを選びます、
女性 (31)
多少の添加物が入ってしまうことは仕方ないことだと思います。 添加物が入っているものでも最近では値段がどんどん高くなっていて、食品の値段が家計に響いてしまうので、自分の食べるものは出来るだけ安いものを買いたいと思います。
女性 (21)
今まで値段など関係がなく、そういうことを気にしたことがないからです。味などの違いもわからないので、気にしないです。むしろ安くなってくれていて嬉しいと思います。値段が安い分、嬉しいし、魅力を感じてしまいます。
女性 (38)
世の中に、ある食品で無添加のものを選らんでいたら、食べ物の視野が狭まります。冷凍食品もたまには食べるし、カップ麺もたまには食べます。ただ、それだけにならないように、手作りのものも基本的にはとりいれています。
女性 (30)
私自身が、添加物あるなし関係なく食べて育って何も体にも成長にも影響なく、元気な子供も産めたので全然気にしてません!!娘にももちろん、関係なく食べさせてあげたい物を食べさせてますが、国産国内産だけは気にして買い物してます。
女性 (42)
添加物が入っていない方がいいとは思いますが、毎日の食材にそこまでお金もかけれないし、わざわざ原材料に何が使われているかまでチェックするのは面倒なので、あまり気にしてはいません。 子供用のお菓子や、お弁当の食材に関しては多少気を付けていますが、高すぎると感じた場合は購入はしません。
男性 (51)
やはり健康には一番気をつけたいため。特に食品は口から内臓に入るものなので、ダイレクトに健康に影響してきます。特に海外製、中国・韓国製は何が入っているかわからないリスクがあるので、食べないようにしています。そのような観点からも添加物が入っていないものを日頃から選んでいます。
女性 (20)
理由を一言でいうと、自分の健康のためです。 添加物を多く摂取してしまうと、ガンなどの病気にかかるリスクが高くなるとききます。 私は、節約する部分としてはいけない部分があると思っているのですが、これに関しては後者だと考えいます。
女性 (42)
添加物は嫌ですが、全く入っていないというものはなかなかないです。でもできればオーガニックのものを選ぶようにしています。やはり添加物は怖いです。身体からうまく排出できればいいですが、蓄積されることがほとんどなので怖いからです。
男性 (22)
私は添加物は断固拒否します。理由としましては、わずかに安い物の添加物が入ってるものを購入して、万が一それが原因で病気などになった場合治療費が多くかかってしまうと感じているからです。なので少し高くても、添加物の少ない又は無添加な物を選んで購入しています。
女性 (50)
若いころは多少添加物が入っていても、国が認可しているのだから安全だろうと考えていたが、日本では認可されていても、欧米では危険と判断されて禁止されている添加物もあることを知り、自分だけならともかく、家族が長年添加物を採り続けることに不安を感じるようになった。無添加の手作りパンの店でパンを買うようになり、自然な美味しさと、日持ちのしなさに最初は驚いたが、今は大手パンメーカーのパンがいつまでも柔らかくカビも生えないほうが恐ろしく感じている。
女性 (44)
ここ最近、家族の健康に気をつけていて なるべくならば体に害の無いものを取りたいと思っています。値段的に差はあるかもしれませんが、長い目で見て あえて最初から入ってるのがわかっているものは避けていきたいです。
女性 (29)
もちろん添加物が入っていないものの方がいいです。でも今の家計上安い物を買わざるを得ないので仕方なく買っているという状況です。多少高くても買えるなら添加物が入っていないものを買いたいと思うし、体にいいものを食べたいなと思います。
男性 (48)
高い食品の方が、体に楽みたいなんですよ。やはり、スーパーよりは、コンビニか、成城石井さんみたいな高級的なスーパー。どうも、高いだけあって、体が楽なんですね。すいません。体に優しい、というか、その反対的な添加物が入っているんじゃないかと怪しんでます。冗談です(笑)。
女性 (32)
一人暮らししていたころは、とにかく安いものを購入し、添加物などあまり気にしていませんでしたが、妊娠、出産を経て子どものために出来る限り添加物のないものを探すようになりました。添加物のないものの中で出来るだけ安いものを購入できるよういつも探しています。
男性 (32)
確かに安価にすむのならいいかもしれませんが、添加物の中には体に蓄積して結果的に健康不良をひきおこすものもあります、 私自身あまり体が丈夫なほうではないため、なるべくなら少し高めでも添加物のない商品を選ぶと思います。
男性 (45)
添加物が身体の及ぼす影響を考えるとやはり、含まないものをなるべく選びたいです。気持ちの問題かもしれませんが、添加物を摂り続けると体調不良から立ち戻るのに時間がかかる感があります。確実に影響は出ています。
女性 (37)
目先の安さにとらわれず、生産者のこだわりや健康への配慮、自然環境への配慮がある食品を購入したい。特に、調味料など長期で消費するものは、原価が高くても結果的に安くなる場合もある。全ての食品をオーガニックにこだわる必要はないと思うが、可能な限り、上記のような食品を選んで購入したい。
女性 (29)
いつも食品表示を見て、できるだけ添加物の入っていないものを選びます。といっても添加物はどんなものにも入っている時代。 ハムやベーコンは亜硝酸ナトリウムが入っていないものを選ぶし、豆腐も余計なものが入っていないものをいつも選んでいます。 いくら安くても健康を損なうことになると元も子もないから、少し高くても添加物の入っていないものを選びたいです。
男性 (40)
多少値段が高くても食品添加物は入ってない方が良いです。 食べ物は口に入れるものなのでやはり健康的なものの方が良いです。 健康はお金では買えないし、一番大事なものだから。 食品添加物入りを食べてるといつか体が悪くなりそうな気がします。
男性 (24)
「そう思わない」を選択した理由ですが、一番は身体への害が気になるからです。やはり多少なり添加物が入っていると身体に悪いのではないかと気になってしまい私の場合は少し高くても添加物の入っていないものを購入するようにしています。
女性 (40)
添加物が入っていると確かに美味しく感じられて食べることも楽しいですが、添加物のの中には発ガン性物質が含まれるものもあります。体の事を考えるのであれ添加物について、少しは知識を持った上で食材や嗜好品を購入すればいいのではと思います??
女性 (60)
添加物の人体実験を自分の体で行っているようなものです。体内に蓄積するタイプの化学物質も中にはあると思われます。「安価=たくさん購入できる」ですから蓄積する量が増え、健康を害する可能性が多くなります。病気の要因となるという明確な事例の報告があまり報告されていないものの、今後どうなるかわかりません。
女性 (27)
健康は一番大事な資本だと考えています。確かに、添加物が入っているものは、無添加のものより安いかもしれません。ただ、将来的に通院や入院、治療が必要になる場合の方が出費がかさむと思います。長期目線では、むしろ安上がりだと考えます。
男性 (45)
品質には徹底的にこだわるタイプです。「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、安いからと言って買って食べてしまって、健康を害したりしたら、正に大きな銭失いになります。多少高くても、健康に良い飲食物を買います。
女性 (41)
添加物の摂取による健康被害が言われているので、できることなら摂取は避けたいです。安いのは魅力ですが、品質と価格のバランスが大切だと考え、日頃商品を選んでいます。添加物の健康被害への知識があれば、安い添加物入りの商品は買わなくなると思います。
woomで聞きたいことはありますか?
生活
政治経済
学校・教育
恋愛
人間関係
テクノロジー
スポーツ
国際
仕事
ニュース
そう思う
で回答する
そう思わない
で回答する
関連する質問
恋人間、夫婦間で隠し事はしない方がいい
既婚なら結婚指輪をつけるべき
休みの日は家族との時間を優先した方がいい
環境は関係なく、大事なのは自分がどうするかだ
facebookのおかげで生活が楽しくなった
叶わぬ恋なら告白しない方がいい
投資はすべきだ
我慢して貯金するより貯金なしでも楽しんだ方がいい
大学には行かなくてもいい
結婚の目的は「子供」以外のなにものでもない
読書は大事
生活のために仕事するのであって、仕事のために生活は犠牲にしない
可能な限り節税するべきだ
早起きした方が得だ
仕事に支障がなければスーツを着る必要はない
恋愛において見た目よりも中身の方が大事だ
複数の相手と同時に付き合っても問題ない
メッセージの返信にはじっくり時間をかけるべき
マッチングアプリでも幸せなら出会い方は気にならない
年下の兄弟の方が得をする