woom

「結婚式のご祝儀は納得感が薄い」

そう思う
45%
そう思わない
55%
女性 (33)
コース料理とフリードリンクで2万円、引き出物で5000円とすれば、3万円の祝儀は仕方がないのかもしれません。 でも、貴重な休日を犠牲にして付き合い、美容院に行き、着慣れない服をきて、ブーケトスに付き合わされ、こちらがお金を欲しいくらいです。
女性 (27)
ご祝儀は大まかな金額は決まっていますが自分で包む額を決めることができて人によって金額の差があります。会費制にして均等に戴いた方が良いと思います。少なくご祝儀を貰って気まずくなったり、かえって多くもらって気を使ったり人間関係にも影響を与えると思います。
女性 (47)
あげる方としては納得感はあまりないですね。結婚式の内容、料理、引き出物、全てピンキリですから。でも、あげる金額は決まってますし。しょうもない引き出物とかいらないですね。安くあげる結婚式の場合は会費制にして欲しいです。
女性 (30)
あまり考えたくないのですが、自分の想像している金額と頂いた金額が合わなかったとき、祝儀で関係性が確認できてしまうこともあるので、腑に落ちないこともあります。私は結婚が早かったので、納得行かないことのほうが多いからです。
男性 (34)
貰う方ではなく、渡す方しか経験がありませんが、下衆な話になりますが、金額面を考えるとダメージがあり、ケチといえばケチですが、正直、個人的にマナーとして枚数的に割りきれない金額にしなければならないというめんどくささが嫌です。
女性 (25)
なぜ結婚式に呼ばれてお金を渡さないといけないのか理解ができません。結婚式に参加するには、ドレスを買ったりヘアメイクをしてもらったりお金がかかるのに、さらにご祝儀まで渡すのは納得できません。また、ご祝儀で元を取ろうとしている感じがして嫌です。
女性 (28)
私は現在、20代後半で友人の結婚式にもたくさん参加してきました。 私も結婚して、結婚式を開こうかと考えましたが、こちらの都合と自己満足のために、たかいご祝儀を出してもらって、友人や家族を招待するのは、なんか違うのではないかと思い、予算の面からも考えて結婚式をあげるのをやめました。 実際、友人の結婚式にも参加して、高いご祝儀を出し、高いヘアメイク代、ドレスを出してまで、参加するのに疲れてしまいました。 たしかに、お祝いという気持ちを持って挑めば、温かい気持ちにもなれるのですが、人数合わせで呼ばれてる感のある友人もいるので、納得いかない事もあります。
男性 (64)
会社の結婚式の御祝儀はお付き合いの部分が多いので、納得できない部分がとても多いと思いますが、お付き合いと思うしかありません、できる事なら案内が来ないのが良いのですが、そうもいかないのでしょう。そこが納得しない所なのでしょう。
女性 (31)
私は結婚式のご祝儀に疑問し浮かびません。結婚式のご祝儀3万円というのは一体誰が決めたのでしょうか。1月に3回も結婚式に呼ばれた場合の出費がどれほど辛いものか考えたほうがいいです。結婚式の参列者の負担がこれほど多いのは日本だけではないかと思います。もっとカジュアルな結婚式が浸透することを願ってやみません。
女性 (50)
相手との親しさや距離感によるが、大して親しいわけでもないのに義理で出席するような場合はご祝儀がもったいないと感じる。 親しい友人であれば、素直に「おめでとう」と言って渡せるが、本当は北海道みたいに会費制にした方がすっきりして良いのではないかと思う。
女性 (28)
祝い金としてお金を払う文化にあまり納得しておらず、祝いの気持ちがあるのならお金は別に渡さなくてもいいのではないだろうか?と感じます。 また、渡したお金の額によって優劣をつけてしまう場合がありそうであまり気持ちがいいものとは思えないからです。
女性 (34)
たしかに贈る側は受付に渡すので本当にお祝いの気持ちがあるわけではなくなんとなく風習にのっとったもの、人によってはしぶしぶという感じがあると思います。受けとる側も結局お返しだのなんだの考えなけらばならないので結構面倒だと思います。
女性 (40)
お祝いという気持ちをお金で表さなくてもいいと思うんです。 なので、祝いのかたちはいろいろあってもいいのかなぁと。 祝う人と祝われる人との関係性で一律に相場が決まっているのもなんとなく義務感があり、好きではないポイントです。
女性 (34)
祝儀の半分は料理や引き出物で返ってくるのかもしれませんが、そもそもあんまりいらないです。 だったらこういうの無しで、1万とかの方が気楽です。 女は祝儀+ドレス+美容室でヘアセットと呼ばれたら呼ばれた分のお金がかかります。
女性 (35)
本当に親しい友達ならば、普段からお世話になっているぶん盛大に祝いたいと思います。ただ、明らかに人数合わせだったり、特に親しくはないけれど義理で出席する場合は、「出費が痛いなぁ」とは思ってしまいます。 自分が独身で、結婚式をした経験がないので、想像力が足りないからかもしれません。
女性 (34)
お祝いは気持ちであり金額ではない。とわかっていても納得できない。相場があり、同僚や他の出席者と同じくらいの金額を包まなければならず、年々金額も増えている。結婚式で+になることはないと言われる程高額になっている為仕方ないが納得感はない。
女性 (27)
友人で3万円包まなきゃと思うと大分出費が大きい。 全員が必ずやるものではないし、線引きが難しい。 1万円の会費制パーティーなら納得できるので参加したいと思う。 お金ないなら結婚式なんてしなければいいのにと思ってしまう。
女性 (28)
結婚式のご祝儀について納得感が薄いと思いました。あまりご祝儀のことがよくわかりません。ご祝儀の意味がまだ理解できません。ご祝儀の意識があまり理解されていないと思います。ご祝儀について納得感があまりないと思います。
男性 (28)
質問の意図がご祝儀を受け取る側なのか、渡す側なのか測りかねるので、渡す側として回答させて頂く。ご祝儀の一般的な金額は3万円であり、高すぎる額であると感じる。結婚式での飲食や引き出物を考えても納得は出来ない。
男性 (40)
質問として貰う側なのか渡す側なのかにもよりますが、貰う側としてはもらえるものなので贅沢を言わずに納得する。 渡す側としては結婚式に呼ばれた段階で関係性にもよるが、祝儀を渡すことに納得できない場合は結婚式に出席しない。
女性 (21)
ご祝儀を渡したことがないので、よくわかりませんが金額で悩むのなら、いっそのことご祝儀はこれくらいですと決めてしまえばいいのにと思います。それに祝いに来ているのにお金を渡すのはなぜだろうとおもいます。花束をあげればみんなハッピーじゃないですか
男性 (22)
結婚式のご祝儀は金額が一律でないことからそう考えられる。ご祝儀を渡す側の気持ちで金額が変わることから、実際に受け取る側が渡した側の気持ちを金額でランキング付けができてしまうような状況になりやすい事は不満でしかない。立場によって払うべき金額を一律で設定するべきだと考える。
女性 (37)
結婚式に呼ばれると、3万円以上ご祝儀にとられてしまうのでちょっと納得ができないと思います。 めでたいのでご祝儀をあげることは理解できますが、ちょっと金額が高いかなと思ってしまいます。 ご祝儀の相場がもう少し安くなればいいなと思います。
女性 (27)
式をしたことがある人は期待していた金額より、はるかに下回る場合が多いように感じます。実際に私も経験してそう思いました。逆に、こちらがご祝儀を払う側になるときは、最低限のマナーとして包もうと思えました。
女性 (41)
お祝いする側からすると、そう思う。 出席を求められお金を払い、その結婚式の費用の一部が、ご祝儀でまわっている。 人のお金で結婚式を挙げていると感じる。 それなら結婚式を挙げなければいい、または、会費制にすべきだと感じる。
男性 (45)
そう思う。でもこれは仕方のない事だと思いますね、殆どの場合がご祝儀を結婚式代にあてる計算をしていると思うので。 殆ど手元には残らないんじゃないでしょうか、もし残っても雑費で消えてしまいそう、勿論物凄く大勢来る場合は違うでしょうけど。
女性 (26)
なにより金額的に高いと思うからです。その上、相手に好きなものに使って欲しいと思って渡しても、欲しくもないお返しの品や引き出物で金額のほとんどが返ってきてしまうことが多いので、もったいない感じがするからです。
女性 (44)
ご祝儀というのは、暗黙の了解でラインがひかれてはいますが、基本的に「心遣い」にも似ていて、その人との関係性や繋がり、その人への気持ちが含まれているものなので、それを色々な面から否定的な観点で考えるのはおかしいとも思います。
女性 (52)
お祝い事のご祝儀は、喜んで出すタイプです。その喜びの仲間になれたような気がするから。幸せのおすそ分けを受けたような気分になる。喜べないような間柄の人とは、できればだんだんと距離を置いて、離れるようにすると、納得感が薄いご祝儀を出す機会も減ってくるのではないだろうか。
女性 (19)
自分も周りも、まだ結婚式に呼ばれるような年齢ではないので、結婚式のご祝儀については、言葉自体の意味がよくわかりません。そのご祝儀に対する納得感って、どういう意味か分かりません。結婚式に呼ばれるような年齢になったら改めて調べてみようと思います。
女性 (24)
ご祝儀は気持ちなので高い、低いなどで納得するのはおかしいと思います。 その時点で人のことを金として見てると思うので、どうかと思います。 自分たちが勝手に結婚式あげるのに、お金少なかったら納得いかないなんて、ただの自分勝手だと思います。 こちらはお金を払って行ってあげてるのに、と思います。
女性 (28)
結婚式のご祝儀は相場が決まっていて、大抵の場合は結構家計を圧迫してしまうほどの金額を包んでいただいている。そのお金をはたいて、わざわざ時間を割いて来て頂いたものに、納得感が薄いというのは違うなと思うから。
男性 (45)
結婚式のご祝儀。限度があることだと思います。最近の馬鹿は、結婚式をビジネスと考えている人がいます。ご祝儀をもらえばいいとか、安く結婚式を挙げようとか。どれだけの付き合いをしているか?どれほどの人間なのか?によると思います。どれほどの人間なのかは、自分にとってのモノサシです。
男性 (25)
そもそも自分達の結婚式を、わざわざ交通費を払ってまで祝福しに来てくれている上で貰っているのに、これ以上を望むのは流石に傲慢だと思います。逆に自分が呼ばれたときに、包んだ分に対し納得感が薄いと言われるのは正直嫌なので、自分も思いません。
男性 (49)
ご祝儀は披露宴の際のお食事代とお祝金ですのでその人の年齢や立場で包む金額を決めればよいと思います。祝儀を渡したくないのであれば、そもそも結婚式を欠席すればいいのであって出席するからには最低でもお食事代ぐらいは包むべきだと考えます。
女性 (31)
結婚式にもよるが、友達や知人を祝うという意味で行くので損得で考えていない。親から冠婚葬祭のお金は気持ちだからと教わってきたので。結婚式もタダで行えるわけではないし、今の結婚式は御祝儀だけで賄えないようなので。。
女性 (48)
そう思います。 最近、結婚式に行く年齢も過ぎ行くことはありませんが、相場でこういうものかと思っていました。 人生で大きな節目でもあるので普通のお祝いでもないし、料理もいただくので懐には痛いですが納得しています。 立食や、結婚式場で結婚式をしないのでと聞くとホッとしていました。
男性 (37)
結婚する相手を祝いたいという気持ちがご祝儀です。なので納得して送っている以上不平不満は基本ないと考えています。もしあるとすれば払いたくない相手の結婚式に強制で出なければいけなくなった時や相手から金額を指定されていたりする時だけだと思います。それ以外は祝いたいので良いと思います。
女性 (34)
結婚式に呼ばれるような間柄ならば、ご祝儀は贈るのが礼儀だと思います。世間的な義理で贈らなければならないのなら、義理と割り切って、友人ならば、それこそ贈るのが友情の証でしょう。友人でもご祝儀を贈りたくないならば、それは友人ではないと考える方が良いと思います。
女性 (48)
昔から決まっているのであれば、お祝儀は大事です。金額はその通りやるのが一般常識です。新郎新婦も期待していると思います。お祝儀を期待しないであれば、新郎新婦は入籍だけでよいし、いく側も不参加にすべきだと思います。
女性 (27)
結婚式に出席してくれる人って 女の方だったら美容室に行ってセットしたり ドレスを買ったりとご祝儀以外にも お金を使ってまでお祝いしに来てくれる。 またわざわざ予定も空けて来てくれる訳で。 ご祝儀の金額にもよるが 結婚式に出席してくれるだけでありがたい。
女性 (20)
結婚式は2人の新しい門出を祝う場だと思っているので、その新しいスタートを応援するという気持ちで渡すから、納得感が薄いとは思わない。 ほんの気持ちだけど物や手紙よりお金の方が人間関係を割り切ってるように感じるのでちょうどいいと思います。
男性 (25)
私自身は納得感を感じません。そもそもわざわざこちらからいってさらにお金を出すことに対して不満です。聞いたところによると沖縄県は結婚式自体が多いので一律一万円のところが多いらしいのですがもっと安くするべきかと思います。
女性 (33)
そもそも納得する、しない、というふうに考えたことがない。そうするものだと思っている。結婚式に限らずこういったことはお互い様だと思う。特に仲のよい方のおよばれだと充実感もあるため、納得感が薄いなどとは感じたことがなかった。
女性 (50)
お祝い事なので、祝福するという意味ではそうも言ってられない感じかなと。そこは繋がりを考えて気前よくという感じです。交遊関係の広い人にとっては大変かなぁと思いますが、日本の昔からの流れですね。そういうものだと思っています。
女性 (39)
結婚式のご祝儀はあくまで気持ちなので、納得感云々という話ではないと思います。偶数とか4や9の忌み数字を使うならともかく金額の多い少ないで相手をはかる指標にはならないと思うし、結婚を祝って欲しくて結婚式を挙げるのだから気持ちの問題だと思います。
女性 (31)
あくまでもお祝いなので、納得するしないではなく気持ちの問題だと思います。例えば渡す側が「包みたくないなぁ」「高いなぁ」と思うのであればその程度の間柄だということです。親族でなければ欠席するという選択肢もあるので、出席する以上は納得して包むべきだと思います。また受け取る側も招待した以上は、頂くご祝儀に対して納得するかしないかなんて気持ちは持つべきでないのでは。
女性 (27)
ご祝儀については何も思いません。多い、少ないと思うことはあると思いますが、結局のところそれが相手の気持ちなので深く考える必要はないと思います。ただ、常識的にいくら払うか、の枠から逸脱して低いとどうなのかな?と思います。
男性 (54)
仕方がないと思う。しかしながら、今後は、結婚式をする側が、日本の一般的な挙式にするのか、会費性するのか、ご祝儀・引き出物なしにするのか決めていかなければならないと思う。今後多様性の中で、結婚式自体をしない人たちも増えてくると思うし、色々な形式の選択肢も増やさなければならないと思う。
女性 (33)
結婚式を挙げた立場からすると、金額に関しても妥当かと思います。特に独身の出す側からすると、納得感は薄いかもしれませんがいざ自分が結婚式を挙げるとなると御祝儀に関しては納得出来るようになるかと思います。
男性 (25)
そもそも納得感を得るために結婚式に行くのでない。 この質問が渡す側なのか、もらう側なのかで変わってくると思いますけどね。 双方に言えるのは、祝儀をなくしてしまえば、こんな問題発生しないですし、なにも考える必要がなくなる。
女性 (41)
お祝いする立場(渡す側)なら、おめでとうという気持ちで出しますし、式に出席すれば食事なら何なりを頂くので、出すべきだと思います。主役なら、ありがとうという気持ちで頂きます。納得感が薄いというのは、形式ばったこの習慣が受け入れられないという事かもしれませんが、金額によるところもあるかなぁと思います。高額を出すようなお付き合いの人がいないので、あまり考えた事がありません。
女性 (45)
納得感とか考えたことない。どうしても納得できないのであれが、結婚式に出席しなければいいと思う。引き出物、料理の金額を考えると招待客の方が得しているようにも思うが…親戚の場合は避けることは出来ないし、友達なら2次会に参加すればいいだけの事では?でも人数合わせに呼ばれる時のご祝儀は納得できない。
女性 (34)
結婚式を挙げる新郎新婦は、ひとつの式を作り上げるために大変な苦労をしていると思う。経済的な負担も大きい。それでもお客さんやご両親、家族のために式を挙げる決断をしてくれたのだから、招かれた側が祝儀を出すのは当然のことだと思う。ご祝儀の納得感が薄いと感じる程度の間柄なら、出席しなくてもよいと思う。
女性 (30)
大体の相場は決まっているので、自分が包んだ額とかえってきたサービスに対して特に不満を持つことなくそんなものかなと思っています。納得感まで結婚式に求めてはいません。納得感を求めるような式には出ないようにしています。
女性 (32)
身近な大切な人の結婚式なら、ご祝儀は高いと思うことはありません。美味しいものも食べられるし、引き出物ももらえるし、何より幸せをおすそ分けしてもらえるので納得はできます。ご祝儀がもったいない…と思うような相手の結婚式には、誘われても最初から断っています。
女性 (28)
大体の相場が3?5万と私は認識しているので特に何も思いません。むしろ少なく思っといた方が多く頂いたときに喜びが大きいと思います。そして何より招待した人達が、わざわざ予定を空けて参加して下さっているので頂けるだけありがたいと思います。
女性 (37)
結婚式をすると決めた時点でお金がかかる事は分かっています。ご祝儀を期待して結婚式を開く事自体間違っているのではないかと感じます。自分たちのために時間を取って、人によっては遠方からお祝いに駆けつけてくれた事に感謝です。
女性 (29)
結婚式でのご祝儀の金額は、年齢や関係性によって金額がおおよそ決まっているが、実際にいくら包むのかはその人の環境にもよると思うので、自由でいいと思うから。一番はその人をお祝いする気持ちがあるかどうかだと思う。
男性 (35)
人生において結婚はかけがえのないものですし、近年においては結婚しない方も増えているのが現状です。また結婚式をしないをしない人も多いです、なので結婚式にあたってはご祝儀ほあって当然なものだと思うし納得感はあります。
woomで聞きたいことはありますか?
生活
政治経済
学校・教育
恋愛
人間関係
テクノロジー
スポーツ
国際
仕事
ニュース
そう思う
で回答する
そう思わない
で回答する
関連する質問
消費増税には納得できる
オリンピックは参加することではなく結果に意味がある
SNSやメッセージアプリがあれば人と会わなくても大丈夫
instagramのおかげで生活が楽しくなった
吉本興行には隠蔽体質がありそうだ
いじめられる側にも原因がある
休みの日は家族との時間を優先した方がいい
恋人や夫、妻の友達とは仲良くした方がいい
テレビを見る時間は無駄だ
出社時間、登校時間は早い方がいい
住居は買うべき
低所得者は努力不足の部分がある
タバコは吸わない方がいい
仕事に支障がなければスーツを着る必要はない
子供ができても産まない選択があってもいい
よく寝られるかが幸せの尺度である
将来のことは考えず、今やりたいことをやった方がいい
結婚する前に同棲した方がいい
結婚すると幸せになれる
可能な限り節税するべきだ