woom

「健康に気遣って長生きするより太く短く生きた方がいい」

そう思う
39.3%
そう思わない
60.7%
男性 (48)
今現在が充実していないのに長生きしても同じことであると考えています。また、年々泰直や思考力も落ちていくにも関わらず、何も無理して長生きしようとは思いません。また、長寿という事でマスで報道されていますが、本当にそれで幸せが疑問です。
女性 (36)
医療技術が発展して死亡率が下がって寿命が延び、病気と付き合いながら長生きする人が増えてきました。そうすると医療費もバカにならないと思うし、先の見えない長生きは私なら辛くて楽しく生きられないと思います。
女性 (27)
私は、お菓子やお酒もたまに食べたり飲んだりします。また、夜更かしをして生活リズムが狂うときもあります。これらは、健康には良くないとは分かっています。 しかし、自分が今の生活を続ければ必ず病気になるという予測が立てられません。 例えばタバコを吸っていてもがんにならない人も身近に沢山います。 健康に気を付かわなければば太く短い人生であるとは限りませんが、長生きするための標準的な生活スタイルがあるとしても それを現時点で実行するのは難しいです。 長生きのために今の生活を窮屈にしてしまうのならば、今を楽しむほうが豊かな人生を送れるかと思います。
女性 (46)
健康に気遣っても、病気になる可能性は低くなるかもしれません。でも事故に遭って身体が動かなくなることもありえます。健康についての情報は年々変わっていますから、以前は健康に良いと言われていて実践していても、実はそうではないという説がでてきたりして、いろいろと努力したりガマンをしていたことがばかばかしくなります。健康のためにつまらないガマンをするぐらいなら、好きなことをしたほうが、何事にも寛大になって楽しく生きられる気がします。
女性 (41)
話題になるほどの長生きを望んでいるわけではないですが、健康は何をするにも大事だと考えています。病気だとしたいことが何もできません。実際にそのような経験をしているので、健康な生活を第一に考えています。その結果が長生きにつながるのではないかと思います。
男性 (54)
地震や豪雨といった天変地異以外でも、現代社会では様々な事件・事故がいつ、どのような形で自分の身に降りかかってくるか?、全く予想出来ない世の中になってしまいました。自分の興味のある楽しい事をして日々暮らし行く方が幸せだと思います。
女性 (27)
健康に気を使い過ぎて、食べたいものや、やりたい事を我慢して長生きするよりも、太く短く後悔することなく生きるほうが恰好いいと思います。たとえ怪我をしてしまう可能性がある事でも、長生きすることを心配するよりも思い切って挑戦してみたほうが楽しい人生になると思います。
女性 (40)
健康への気遣いが楽しめていたら問題はありませんが、食べたいもの飲みたいものを我慢して楽しい時間を節約しても意味がないように思えます。死ぬ理由も事故や被災や病気もある。死ぬときは死ぬし死なない人は死なないものなので、あえて我慢ばかりになる必要はないのではと。
女性 (23)
もし人生が短くても、その分濃い時間を過ごせれば長く生きることができなくても構わないと思います。 なぜなら、短い時間でもいろいろな経験をして充実した時間を送れたら、自分の人生に満足できると思ったからです。 また、最近は年金の問題などもあるので長く生きるということに不安を感じることもあるからです。
女性 (28)
私自身、未来にあまり希望も持っておらずこの先の人生本当に生きていけるのだろうか?と不安になることばかりです。 なので長く生き続けるよりも、いつ死んでもいいように濃厚な人生を歩んで満足して死にたいなと思います。
女性 (50)
自分の親や家系を考えると、健康に気遣ったとしても寿命にはどうにもならないようなところがあります。それにいろいろな体にいいこと=食べ物や運動などありますが、ストレスからのコントロールが非常に苦手です。短くても納得した人生をです。
女性 (61)
太く短く生きたいです。とくに残して死なない誰かがいるわけではありませんし、自分の人生を楽しみぬいて死にたいからです。健康には気をつけてはいるつもりですが、無理はしないようにたまには羽目をはずしたりもしています。
女性 (28)
仕事柄高齢者と接する事が多いが、独り身で寂しい、これ以上長生きしても無意味だから病気しても治すつもりはない、などと言う話をよく聞くので長生きに対してあまり憧れがないです。 親より先に死ななければそれでいいかなと思っています。
女性 (31)
健康に気遣って長生きするよりは、太く短く生きた方がいいと考えます。一度きりの人生、健康に気を遣うあまり好きなものを我慢したり、過度な節制でストレスを貯めるくらいなら、思うがまま生きてポックリ死ねたら最高だなと思います。
女性 (30)
最近はダイエットが主流になっていて、情報も沢山あります。 そうなると何が正しくて何が間違えているのか分からなくなってきます。 私の周りでは健康を意識しすぎて好きな食べ物を我慢している人に限ってふっくらされている方が多いです。
女性 (45)
現在の日本の社会保障システムや年金制度は、高齢になっても安心して生活できるものではないと思います。健康に気を使っていても、長生きして幸せな老後を送れるとはあまり思えないため、それくらいなら今のうちにやりたいことをやって、好きなように生きるほうがいいと思います。
女性 (28)
認知症、寝たきりなど、長生きすることによって人生のQOLが落ちてきているように感じています。 私はまだ家庭や子供をもっていませんが、将来その子供や親戚に負担をかけて生きるくらいなら、短くても充実した人生を生きていたいと思うからです。
男性 (22)
もちろん個々人の捉え方によると思いますが、個人的には単に長生きしてしまうより、人生の目的を考えて、その使命を果たして死ぬことが一番綺麗だと思っています。また日本人の平均寿命自体は世界でもトップクラスですが、健康寿命にシフトして考えるとあまりそうではありません。私の親族にも、老衰のためベッドからまともに動けないまま2年ほど生き続けた人がいますが、見ていて非常につらい思いをしました。果たして長生きが幸せかと考えると、そうではないといえます。
女性 (26)
限度にもよりますが、健康に気遣う=我慢することが多いってことですよね?わたしは我慢が大嫌いです。我慢することばかりで長く生きるということは嫌な気持ちになることが多いということなので耐えられません。また長生き自体あまりしたくありません、60歳くらいで死にたいなと思っています。
男性 (23)
太く短く生きた方が無駄に何十年も生きるよりも後悔無く成仏できると思うので短い期間でも人生を充実できるならそれでいいと私は思うからです。 それに私は半分以上充分に生きたと思うので今のところ人生においてあまり後悔する事はありませんからです。
男性 (51)
そう思う。 太く短くなんて、自分の人生を安物扱いする考えが理解できません。他人にどう思われようとも生き残ることは、生物として最低限の目標です。 酒やら煙草やらで不摂生な生活をした末に、病を患い不健康な身体へ超特急など、愚かとしか言いようがありません。 たった一つしかない自分の身体、死ぬまで大切にするべきです。
男性 (23)
人間生きることも大切だと思うが、どのように生きるかの方が大切だと思うから。どうあがいても時間は限られているし、どこが時間の限界かなんて誰にもわからない。であればいつその時が来てもいいように生きるべきだと思うから。
女性 (49)
そう思います。子供が小さい時は思わなかったけど、子供も成人し、自分が楽しく過ごすことにシフトチェンジしてからは自分が楽しく気楽に過ごそうと思っているので健康に気遣うというよりは好きに過ごすようにしています。
女性 (60)
太く短く生きることができるなら、そうしたいと思います。しかし、太く短くというのは、とらえ方や考え方に個人差があると思うので、どれだけ生きると太いのか、どの位生きると短いのか、はっきり言ってよくわかりません。しかし、自分自身が、たいして健康に気を配らなくても納得のいく生き方ができればそれでいいと思います。
女性 (28)
できるだけ健康維持をして、元気で長生きをして、とても充実して、楽しい人生を送ることが理想な長生きの仕方だと思います。細く長く健康で元気で長生きすることと、とても濃い人生でありたいと思います。目的や、夢を持ち、実践していきたいと思います。
女性 (37)
不健康や寝たきりで身内に迷惑をかけながら長生きしたくないです。健康寿命を延ばして、誰にも迷惑をかけずに楽しみながら長生きしたいです。子育てが終わったあと、終活として好きなことをやって悔いのないように人生を終えたら幸せだと思います。
女性 (19)
これは私が管理栄養士のたまごとして栄養学を学ぶ立場であるというのも大きいと思いますが、やはり多少は健康に気を使った食生活や適度な運動をしなければならないと思います。現代、生活習慣病の予防が呼びかけられていますが、病気になって苦しい思いをするのは自分なので、予防に努めて損はないと思います。
女性 (28)
健康に気をつかっていても、突然病気になったり事故に合うことは誰にでも可能性があることだと思います。軽いウォーキングをする、野菜はちゃんと食べる、などの気遣いは必要だとは思いますが、しっかりと管理しながら生活するよりは、今の時間を自分のために有意義に過ごしたいと私は思います。
女性 (29)
何より死が怖いと思っているので健康には気遣いたいです。中学生の頃親友と言ってもいい程の友達を病気で亡くし、そこから死に対してとても身近に感じるようになりトラウマのように死に怯えています。若いうちから気を付ければ今の日本の医療技術なら更に長生きできると思っています。
女性 (43)
健康に気を使った方がいいです。生活習慣病という言葉もあるくらい、生活習慣と健康は密接な関係があります。健康でいることが一番の節約にもつながりますし、自分でも快適な状況で過ごす方が生活全般のQOLは上がるかと思います。
女性 (22)
私は太く短く生きた方が良いと思います。 少子高齢社会となり医療技術も進歩し、長生きしている人が多くなっていますが、高齢に伴う病気のリスクや身体の衰えは付き物です。 私は、歩くのが遅い高齢者の方や高齢なんだから優しくするのが当たり前だろうという態度や頑固な性格などに鬱陶しいな嫌だなと思ってしまうので、そのような高齢者になりたくないと考えています。 健康に気遣って長生きしても病気や事故など何があるか分からないので、長生きせず、若いうちに好きなように生きて短く生きたいなと思います。
男性 (52)
確かに、もう少し前は、「太く短く生きた方がいい」という考え方でしたが、だんだん年を取るにつれ、長生きをしたいという欲が出てきました。あの世からの迎えがまだの若い人は、「太く短く生きた方がいい」と考える傾向があるのではないでしょうか。長く生きることで、何らかの社会貢献ができたらいいですよね。
女性 (31)
健康であれば、医療費や自由な時間を奪われることがないし、健康的な体型を維持していれば、いつまでも綺麗で若々しく居られるから。子供がまだ小さいので、子供が大学卒業するまでは、元気に働いていたいとも思う。
女性 (49)
身内が最近病気をしたので、健康が何より大事だと実感しました。それ以前に、太く短く生きられるほどのバイタリティもありませんので、平穏で落ち着いた暮らしを出来るだけ長く送っていきたいと願っています。また、そのための健康維持などの努力は怠らないようにしていきたいです。
男性 (62)
自分の考えでは、今の世の中科学に限らずあらゆる分野の進歩が日進月歩です。携帯電話がこの世に登場した時は、現在のスマートフォンになる事をだれが予想できたでしょうか?また医学のほうでも、太く短く人生を終わらせようとしても、その病気が治せる時代が来ると思います。ですので自分は健康に気遣って長生きして、いろんな分野の進歩を見てみたいと思います。
女性 (27)
私はなるべく健康に気を遣って長生きしたほうがよいと思います。太く短くとは言いますが、病気になっても苦しまずにすぐに死ねるとは限らないからです。短い人生の中の何割かを病気の治療で苦しまねばならないのは、人生を無駄遣いしているように感じられます。
男性 (56)
私には家族がいますが、自分一人でしたらば太く短くもいいかもしれませんが、やはり他の人に悲しみを感じさせる様な生き方はどうかと思います。あまり健康に気遣い過ぎるのもこれはこれで周りに迷惑をかけると思いますので、程々が一番かなと思います。
女性 (36)
人付き合いに支障が出るほど健康オタクになるつもりはないが、健康に気を遣って生活したい。すごく長生きしたいというわけではないが、生活習慣である程度予防できる糖尿病や高血圧などの病気になるとその後の生活がつらいと思う。
女性 (38)
ゆったりのんびり過ごせる時間を楽しみにしているので。今とは違った充実した気持ちとか何かがあるかもしれないので、その時にならないとわからないことを経験したいので。孫をかわいがったり、自分の好きなことを思う存分楽しみたい。
女性 (23)
きっと、太く短くより、日本人の平均寿命沿って生きた方が 良いと思います。 健康に気を使うことにより、体に良いことを試した方が 心の健康にも役に立つような気がして、心身共に健康である方が絶対に幸せだと思うからです。
女性 (39)
少し前に健康不安があり、内視鏡検査を受けました。結果的は問題ありませんでしたが、最悪な想像をしていた私はやはり、残される家族の事を考えていました。子どもも小さく手もかかるし、旦那はそんな子ども達を抱えてひとりでやっていけるのだろうか…そんなことを心配した時、やっぱり見届けて満足してから逝きたいと思いました。
男性 (119)
健康に気遣って長く太く生きよ。太く短く↔細く長くなんて対立構図、幻でしか無い。健康を気遣うことで失われるリソースがどれだけあるだろう、むしろ不健康によって被る不利益のほうが多い。人生の長短は天命に依り。とにかくどうあれ太く生きよ。
女性 (22)
太く短く生きた方がいいとおもいます。もしも健康に悪くないとしても、喫煙を行っている人や食を楽しんで肥満になっている人にいきなり健康のためにそれをやめさせることはよくないことだと思います。それは健康を害しても、本人たちの楽しみを奪って逆にストレスをためてしまい、人生に楽しみを持てなくなってしまうからです。
女性 (22)
健康に暮らせることが当たり前にあって初めて太く生きることができると思うからです。もし目的を達成するために睡眠時間も惜しんでいると、体を壊しますし、そうなると満足のいくパフォーマンスをすることができません。「健康第一」当たり前のことですが本当にそうだと思います。
女性 (34)
太く短く生きてみたい気もするけれど、いざ死期が迫ると多分死にたくないと思うんじゃないかな。子ども達が大きくなって、それぞれ家庭を持っていく姿をきちんと追いたい。それだったら、初めから長生きするつもりで生きていればいいのでは?無駄な介護や延命などはされたくないので、丈夫で長持ち、死ぬときゃポックリが一番良い。
女性 (37)
健康じゃないと、濃い人生を送れないと思います。 ある程度、食事や運動を気遣って長生きした方が、色々な出会いがあり、楽しみがあると思います。太く短い生きるのは、自分はいいかもしれませんが、残された方にとったら堪らないです。
男性 (34)
病気を差し引いて、2011年の東日本大震災を目の当たりして、個人的な死相観に響く位ショッキングな事で以前より心の奥底部分でビビりながら送り、今まで以上に明日は我が身…という思いは一層、強くなったし、物事の判断で悔いを残したくないならなるべくやる様になった。
女性 (44)
若い頃はそう思っていませんでしたが、家族ができて責任もある立場になって、やはり健康でなければ家族を守れないし、まて楽しくも過ごせないと思っています。ただ時々息抜きも必要なので無理をすることもあるかも知れません。
女性 (25)
健康に気を遣うことは必要だと思います。なぜなら、病気や怪我をして健康を損ねても自分だけで生きていけるのなら好きにすればいいと思いますが、絶対に誰かの助けが必要になってくると思います。自分の健康を気遣うことで家族や周りの人にも迷惑をかけなくて済むならそっちの方がいいと思います。
女性 (37)
正直、どちらが正解かなんてわからないし、どちらの結果になってそれが幸せかどうかは分からない。でも、短く、という選択肢はどこか投げやりにも感じるし、時の流れに身を任せるという信念から、任せるままなので、そう思わないを選択しました。
女性 (22)
太く短くより健康で長生きしたいです。 人生長く生きていれば自分の周りの環境や新しい人との出会いが生まれてくると思います。そういう経験をできる限りたくさんしてから死ぬ方が純粋な充実感を得られると思うからです。
女性 (57)
長く生きるからこそ、楽しめることがあると思います。不健康で長生きではなく、健康に気を使いながらなら、長生きした方が楽しみや生きがいに出会えると思います。例えば、孫やひ孫にまで会える喜びを味わいたい、趣味をもっと極めたい、どんどん世の中が変化するのを見たい、など楽しみなことが沢山あります。
男性 (34)
正直言うと中間くらいの考えです。健康に気遣いつつ、人生を謳歌するのも悪くない気がします。人の一生は何かを成し遂げたり、どれだけ長く生きたかだけでは決まりませんが、人に恥じない暮らしを心掛けることが重要だと思います。
女性 (46)
健康に気づかいながら生活すれば、その生きてる間の生活の質や過ごし方、楽しく思う気持ちが保てると思うからです。 結果的に太く短く生きたことになるのは否定しませんが、最初から自分で、太く短く生きようと考えて生きると、長期的な視野が得られなくなる気がします。長く健康的に生きることを念頭にした方が、やはり楽しく生きられて周りの人も気持ちよく接することができると思います。
男性 (29)
長いこと、遊んでいたいから健康面には気を使いたい。 世の中の富裕層においても健康に対しての投資は厭わない。 そのため、パーソナルトレーニングジムやエステサロンが乱立しており、様々なダイエット方法美容法についても世間を賑わせている。 私は、もっと楽しいことを長い間していたいので長くいきたい。
男性 (62)
健康に気遣って長生きすべきだと思います。たばこをたくさん吸い、お酒を浴びるほど飲んで寿命を短くすることは、大切な人が悲しむかもしれません。一人のときは、投げやりに考えることもありがちですが、家族ができれば、家族のためにも自分を大切にすべきだと思います。
女性 (37)
健康であると日々の暮らしも楽しく過ごせるので、やはり健康に気遣いながらもストイックにならない程度にしていけるのがいいかと思います。また、現在子どもが0歳なので、出来る限り一緒に過ごせる時間を長くしたいので、そう思うとやはり長生きは必須。そのため健康にも気遣っていきたいです。
女性 (39)
山登りや野菜作り、花の手入れなど自分の趣味にゆっくり没頭できるという年を取ってからの楽しみもあると思う。年をとって気付く楽しみや生きがいなどがあると思うし、自由になれる時間で今までやりたかったけどできなかった事をやりたいです。
女性 (28)
もともと私の家系が長生きであるため、私も少しでも長生きして人生を謳歌したいという気持ちが強いです。老後は第二の人生とも言われていますが、私も生涯趣味のスポーツや旅行を通じてより広い世界を見ながら笑って過ごしていくことを目標としています。
女性 (40)
こどもが成人し、その後の人生も見守っていきたいので、できれば健康で長生きしたいです。 やはり健康に気遣って日々を過ごしていかないと健康で長生きはできないので、バランスのとれた食事や適度な運動などを実行していきたいです。
女性 (28)
"短い"の年齢にもよりますが、太く短く生きるよりは、健康に気遣って長生きしたいです。 独身の頃は40歳くらいで…なんて言ってましたが、今は子供の成長は見届けたいです。 そう思っている内に次は孫が生まれて、孫の成長も見届けたくなると思います。そしてまた玄孫が生まれて… その繰り返しで、自分の大切な人たちの"今後"に自分も関わっていきたいですし、色んな場面で色んな感情を共有したいからです。
woomで聞きたいことはありますか?
生活
政治経済
学校・教育
恋愛
人間関係
テクノロジー
スポーツ
国際
仕事
ニュース
そう思う
で回答する
そう思わない
で回答する
関連する質問
我慢して貯金するより貯金なしでも楽しんだ方がいい
家族に誇れない仕事はすべきじゃない
既婚なら結婚指輪をつけるべき
夫婦は財布を分けるべきだ
お金の稼ぎ方を十分把握している
東京オリンピックが楽しみだ
お酒は飲まない方がいい
読書は大事
病気で衰弱しても延命はしたくない
医者は信用できない
部活はやった方がいい
支払いはクレジットカードにすべき
いじめられる側にも原因がある
メッセージの返信にはじっくり時間をかけるべき
芸能人の謝罪会見は演技かかってて信用できない
オシャレは大事だ
スマホのバーコード支払いは便利だ
夜の仕事に偏見はない
お金は借りられるだけ借りた方がいい
親友は1人でいい