woom

「子供にはおこづかいは必要ない」

そう思う
20%
そう思わない
80%
女性 (30)
子供の頃はおこづかいはもらっていませんでした。必要な時に母へお小遣いをもらっていました。お小遣い自体は反対ではないのですが、自分で管理できる年になるまではあげなくても良いと思います。金銭感覚を養うことも大事ですが、もらえるありがたみも必要だと思います。
女性 (23)
子供の頃はお小遣いを貰っていました。小学生くらいの子には必要ないと思いますが、中学生ならば友達と遊びに行ったりなどする時に必要だと思います。それにお小遣いをあげることでお金の大切さも学べると思うので必要だと思います。
女性 (44)
子供の頃はお小遣いをもらっていました。 お金を稼ぐ大変さを知り、お金の使い方を学び、貯める事を学ぶために必要だと思います。 確か子供の頃は高学年になると学校で子供貯金というお小遣いを貯める勉強がありました。学校に郵便局員さんが来て本当の通帳にお小遣いをためていくのです。 家でもお年玉通帳がありお年玉を強制的に貯金。貯める金額、使う金額を決め成人まで一度も下ろさず短期留学費に使えました。1ヶ月をお小遣いで持たせるには今回は我慢とか、通帳に溜まっていく楽しみとかを学べた気がします。自己管理の育成に結びつきます。
男性 (45)
子供の頃はおこづかいをもらっていました 私は小学生の頃からおこづかいをもらっていましたが、周囲も同じくらいのタイミングだと思います。それまでは欲しいものがあるときに買ってもらいましたが、少額でもお金の管理を覚えたのがおこづかい制度でした。
女性 (32)
お父さんがどうやってお金を貰い自分たちが生活しているのかを分からせる為にもお手伝いやお仕事をしたらお小遣いをあげるなど考えさせる必要があると思いました。 なんでも壊れたら買えばいい!と言う考えがある為お金はそんな自由に使えないと教えたい。
女性 (26)
子供の頃おこづかいはもらっていませんでした。 子供の頃から金銭感覚を身につけるのはとても大切なことですし、おこづかいを貰う為にお手伝いをすることで働くということの意味もわかるのかなと思います。 それに、おこづかいなしで何でも買って貰える環境や逆に何でも規制される環境だとかえってお給料を貰うようになったら金銭感覚がおかしくなるので、子供のうちからおこづかいは貰うべきだと思います。
女性 (39)
子どもの頃、おこづかいを決まってもらってはいませんでした。月に一度、月刊の子ども雑誌やまんが雑誌を買ってくれたり、小学校高学年くらいになって、友達と休日に映画に行きたいときは、それを伝えると必要な金額をくれていました。
男性 (34)
子供の頃はおこづかいをもらっていましたが、それは小学5年生くらいからでそれ以前からもらっていなかったものの、小学校高学年くらいから友達付き合いが増え始めたり、欲しいものが出てきたりと今後を考えたら金銭感覚を覚え始める時期でもあると思う。
女性 (26)
子供の頃はおこづかいをもらっていませんでした。お菓子を買うときは親と一緒に買い物に行くときでした。「100円以内ね」と上限を決められていましたが、100円以内なら何個でも買ってもよかったのでとても得をしている気分でした。
女性 (60)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。親とおこづかいの使い方について具体的に相談していなかったので、計画的に使うことがなかったです。おこづかいの金額以上の物がほしいときには、その都度交渉をしていたので、あまり金銭感覚を磨くという結果には結びついていません。持っているお金に合わせて購入する物を決めるのは今でも苦手です。おこづかいを渡すことで期待できる効果は、私の場合はなかったです。
女性 (30)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。 やはり子供でもおこづかいは必要だとおもいます。毎月決められた金額でどのように使うか自分で考える事が大事だと思うからです。将来働き出し稼いだお金をどのように使うかの勉強にもなると思います。
女性 (35)
子供の頃はおこづかいはもらっていませんでした。必要なものがあればその都度両親に頼んで買って貰っていました。特に不便にも感じなかったので、決まった額のおこづかいが無くてもいいと思います。本当に欲しいものは何か、本当に必要か、考える力がつくと思います。
女性 (25)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。 遊びに行くと子供でもお菓子やジュースを買ったりするのでお金は使いました。 欲しいときに貰うのではなく月に貰う金額が決まっていたので自分なりに計画を立てながら使っていたので浪費癖がないです。
女性 (27)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。おこづかいをもらうことによって、欲しいものを買うために貯金することを覚えました。また、ちょっと楽しく買い物をするとあっという間にお金が無くなることを知り、考えてお金を使わなければならないことを覚えました。この二つは大人になってからとても大事なことだと思うので、早めに覚えた方がいいからおこづかいはいると思います。
女性 (22)
子どもの頃おこづかいをもらっていました。 友だちももらっている子が多かったので、いくら子供でももらっていないと友だちとお菓子等も買えなくなるので必要だと思いました。 たくさん上げる必要はないけどお菓子や雑誌を買う程度なら必要だと思いました。
女性 (42)
子供の頃はお小遣いはもらっていませんでした。 服や学用品以外で欲しいものがあったら、それを親になぜ必要なのかを説明してお金をもらう形でした。 オモチャなどは却下されましたが、マンガを含めた本については特に何も規制がなかったので、よく本を読むようになりました。 これでプレゼン力もこれで身についたと思います。
男性 (60)
子供の頃はおこづかいはもらっていませんでした。生活上必要なお金は、申請してその都度貰っていました。子供は、無駄使いするのが普通なので基本的にはおこづかいはあげない方がよろしいと思います。ですが、銀行の利用方法、付き合い方は身に着けたほうがよいので、貯金の必要性は高いと思います。いうなれば、おこづかいという形ではなく貯蓄のノウハウの伝授ですね。
男性 (45)
子どもの頃はおこづかいをもらっていました。もらいすぎは本人のためにはなりませんが、ある程度、お金を持っていないと友達と付き合えなくなるからです。お菓子を買って食べるとか、おこづかいがなければ全くできませんので。
女性 (26)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。 お小遣いをもらって、実際に買い物をしたり、という経験は幼いうちからするべきだなと思います。 もちろんなくなったからまた与えるというのではなく、1ヶ月決められた金額以内で使うというルールのもとです。 小さい頃からお小遣いを与えることでお金の大切さを学んで欲しいと思います。
女性 (24)
子供の頃はおこづかいはもらっていました。 未だに思うのですが、大人になってから気づいたのですが、 子供のころは100円でも大金に思っていたので お金のありがみをよく感じます。 おこづかいをもらったら、大事に使ってました。
男性 (48)
子どもの頃はお小遣いは、世間並み程度、もらっていました。 お小遣いをもらって、おもちゃやお菓子やジュース等。どうしても必要だったとしか、思えません。第一、お小遣いをあげなくては、子どもも納得しないのでは?
男性 (39)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。おこづかいの範囲内で欲しいものを買うという経験は大人になってからの浪費を減らす勉強になったし、もし周囲の子供がおこづかいをもらっているのに自分だけ欲しいものが買えなかったら悲しかったと思うからです。
女性 (55)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。もらうことにうれしさもあり、自分でやりくりをしたり、大切さを学ぶことができると思います。少な過ぎても、多過ぎても問題がありそうなので、妥当な金額にする必要は感じます。
男性 (25)
私は子供の頃にはお小遣いは少ないですがもらっていました。そのお小遣いをうまく使って、お金の勉強をしていました。なので、子供の頃からお金のことを学べることができるので、お小遣いは非常に大切だと思います。
女性 (34)
「子供の頃はおこづかいをもらっていました。」 お金の使い方、計算など勉強になる為、お小遣いは必要だと考えます。 学校で算数を学ぶより、自分で買い物をし、お金のやり取りを経験した方が為なります。 又、「自分のお小遣い内でやり繰りをする。お金が無ければ欲しい物を我慢する。」とゆう経験をした方が、大人になってからも役立つと思います。
女性 (33)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。 おこづかいの中で自分で考えてやりくりをしていました。これくらい使ったから今週はもう使えないとか小さい頃からお金を扱わせることでお金を計算したり出来るようになると思います。
女性 (26)
子供の頃はお小遣いをもらっていました。とても少ない額でしたが、自分のもっているお金の範囲で満足したり、必要なものを買うために我慢したりすることを覚えることができました。もしお小遣いがなく、必要なときに言えばなんでも買ってもらえるのであれば自分の中での基準が育たず、浪費家になってしまうと思います。
女性 (26)
お小遣いはあってもいいのではないかなと思います。 お金の大切さお金のありがたみというのは 自分の分のお金があるということで 気づいていけることだとわたしは思います。 お小遣いを貯めて欲しいものを買う。など 考えることも必要だと思います。
女性 (21)
私は子供の頃はおこづかいをもらっていました。 大人になり社会に出ると、上司や同期と呑みに行くことが増えます。 そのことを大人は「人付き合いだから仕方ない」と言いながらも行くことが多いと思います。 大人に人付き合いがあるのなら、子供にも人付き合いはあります。 友達と出かけてみんなで何かを買おうと話しているときに「お金がないから」といってしまうとその場の雰囲気も悪くなってしまうし、自分自身の肩身も狭くなります。 それが原因でいじめに発展することもなくはないので、子供のことを考えるのであれば年齢相応のおこづかいが必要だと思います。
男性 (43)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。無意識ながら、金銭感覚が磨かれ、足りない時はどうすればよいか、限られた金銭をどう有効に使っていくかという手法が身についていったのではと感じています。これは社会人になってからの給料取りの状況と同じですので、勉強になったと思います。
女性 (33)
子供の頃はお小遣いをもらっていました。使い果たして足りないということがだいたい毎月あったのてすが、その中で何を買うのか考えて購入する楽しみがありました。子供にも何でも買ってあげるのではなくって、考える機会をあげたいです。
女性 (28)
子供の頃はおこづかいをもらっていましたが小学校で200円、中学校で1000円、高校で3000円でした。 小学校の頃は周りの友達と比べると凄く少なくて欲しい本も買えずモヤモヤしていましたが、そのおかげで目標を立てて少しずつ貯金して欲しいものを買うという達成感があったのかと思います。 おそらく、お小遣いを貯めて得た本とただただ買い与えられただけの本では思い入れも違ったように感じます。 自分の子どもたちにも将来「自分でお金を払う」ということの大切さを知って欲しいので、お小遣いを渡すと思います。
女性 (28)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。子供にはおこづかいが必要だと思います。子供にもおこづかいを定期的にあげるべきだと思います。あげる金額を決めておこづかいをあげるべきだと思います。あげたおこづかいで子供の必要な物や、欲しい物を買うことが子供にとって勉強になると思います。
女性 (27)
子供の頃はお小遣いは、定額で貰うのではなく目的を申告して都度貰う形でもらっていました。 お年玉は、全額母に預けていました。 高額な欲しいものは、目標を達成できたら買ってもらったり、誕生日やクリスマスで買って貰ってました。 定額で貰ってもきっとダラダラあるだけ使ってしまうし、貯金は別にできているので、自分でアルバイトなどするまで申告お小遣い制でいいと思います。
女性 (22)
わたしは子供の頃はおこづかいをもらっていました。おこづかいがある方が、そのお金でやりくりすることも覚えますし、いいと思います。また、お金をもらった経験がない人ほど、後々お金が手に入った時に、その反動で浪費家になりやすく感じます。
男性 (33)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。お小遣いをはとても必要だと思います。お菓子とか好きなものをすごく買いたいので少しぐらいのお小遣いは必要だと思います。それで買い物とかを小さいうちから覚えさせた方がいいと思います。
女性 (30)
子供の頃はおこづかいはもらっていませんでした。遊びに行く度に必要な額だけ貰っていたため、1ヶ月ごと等ある程度区切られた期間に限られたお金を遣り繰りする習慣がなく、特に我慢することなく過ごした結果、一人暮らしを始めて計画的にお金を管理できるまで苦労しました。
女性 (50)
おこづかいは貰っていました。 少ないですが、少しは貰っていました。それで好きな漫画を買ったりしていました。それで楽しんでいたので、子供のおこづかいは少しは必要だと思います。万引きなどされたほうが困ります。
女性 (44)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。ただ、毎月必ずではなく、必要な時に、それなりのお金をもらっていました。例えば、東京ディズニーランドのパスなど買うときなど。なので、月々のお金よりもそういう時に出してもらう方が、月々では使ってしまうので、助かったと思います。
女性 (32)
子供の頃はおこづかいはもらっていませんでした。 必要な時に必要な金額をもらう、というような感じでしたので、 何百円、何千円の範囲で自分の欲しい物を購入するといった金銭の自己管理能力は幼少期から身につけておいたほうが良いと思います。
女性 (42)
子どもの頃、おこづかいをもらっていませんでした。自分が経験したはじめてのお金の使い方を学んだのは、短大生の時でした。そこでいきなり家計を任されても、何をどうやっていいのかわからず、うまく使えなかったので、小さいうちから経験が必要と思いました。
女性 (20)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。わたしはゲームセンターに行くのが好きで、よく親に遊び代をせがんでいました。しかし、ある日このままだと苦労をせずにお金を浪費する癖がついてしまうかもしれないときう親の考えから、お小遣い制になりました。このおかげで、自分自身で限りあるお金を管理する能力を身につけました。今では自分でお金を稼ぎ、自分より稼ぎのいい人が多くいる中でも金欠で困ったことはありません。お小遣いを与えることで、お金を管理させることは大切だと思います。
女性 (50)
子供の頃はおこづかいをもらっていませんでした。金銭感覚はおこづかいをもらってどうとかではなくて、何にどのくらいのお金を使ったのか、自分がどんな風にお金を使っているのか把握できているかどうかなので、おこづかいをもらうことが左右するわけではないと思っています。
女性 (36)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。 あげすぎるのはよくありませんが、その年齢にあったおこづかいをあげるのはいいことだと思います。 自分のお金を自分で管理し、やりくりする力がつくと思うからです。 子供のうちから金銭感覚をつけることは大人になってからも役立つと思います。
女性 (24)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。お小遣いをもらうことで、その限られた金額からどう効率よくお買い物をするか考えれるようになると思います。また、周りの友達はもらっているのに自分はもらっていないとなると遊ぶ友達も限られてくるのではないでしょうか。
女性 (24)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。 子供にだって世界があります。付き合いもあります。外にいって公園の水を飲みながら遊ぶだけというわけにも行きません。沢山はなくていいけど、たまに数百円の小さな買い物ができるくらいはおこづかいをあげるべきだと思います。
女性 (40)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。 小遣いは自分のほしいものを全て買うのには全然足りないと思うが、 その中でやりくりする能力をみにつけてほしい。お小遣いで足りない必要なものがあれば親に相談し、必要かどうかも含めて親子で話しあいたい。
女性 (47)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。今思い返すと、無駄なものを買ったりして、もったいない使い方をしていましたが、お金との付き合い方を覚えるには、必要なことだったのではないでしょうか。ただもしかしたら、何もせずもらえる無償の「おこづかい」ではなく、お手伝いか何かと引き換えに得られる「お駄賃」の方が、もっと勉強になったかもしれません。
女性 (52)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。わずかでしたが、金銭感覚をやしなうこと、またはお金を手に入れることが特別なことであることを学ぶこた、やりくりをすること、欲しいものを買うために我慢してお金をためること、など子供のうちに経験したほうがいいことがいっぱいあると思うからです。
男性 (39)
子供のころお心遣いをもらっていました。子供を教育する上で自己管理能力を養う意味でもお金の管理、大切さを教える為にもお心遣いは渡した方が良いと思います。きっと無駄遣いもあるかと思いますが親が全てやる必要がないと思います。
女性 (30)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。子供ながら、決まった金額の中で欲しいものを買ったり足りなければ我慢したりと、やりくりをしていました。多額はあげる必要はないけれど、おこづかいをあげることで金銭管理を学ぶことができると思います。
女性 (31)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。子供の頃からおこづかいをもらう事で、おこづかいの中でどうやってお金を使っていくか考える事はとても大事だと思うからです。おこづかいをあげずに必要な時渡していたらお金の大切さはあまり感じられないと思うからです。
女性 (36)
子供の子rはおこずかいをもらっていました。基本的には家のお手伝いをすればもらえたので、靴磨きや洗濯の取入れをしていました。金銭を得たことよりも、お金の価値や効率の良い作業の仕方を考えるきっかけになった点が良かったと思っています。
女性 (31)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。お昼ご飯を自分で買いに行ったり、両親へのプレゼントのためにお金を貯めていたりしました。将来とても大事になるお金と早い段階で触れ合って、周りの人からお金の使い方や大切さを学ぶ必要があると思います。
女性 (21)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。絶対に必要です。使うか使わないか以前に、周りの子供がおこづかいをもらっている子がほとんどだからです。子供のうちは会話に混ざれない、自分だけ知らない話を親が作っては行けないと思います。今後の交友関係にも影響するので、絶対に渡すべきです。
女性 (34)
子どもの頃は、小学校高学年からおこづかいをもらっていました。確か一月1000円だったと思います。その頃はお金を稼ぐことは大変だ、くらいにしか思っておらずお金の価値をしっかり理解していなかったと思います。
女性 (43)
私が毎月、両親から決まったた額のお小遣いをもらうようになったのは中学生になってからでした。自分の子供にも中学生になったら毎月、決まった額のお小遣いを渡そうと思っています。中学生になると両親と行動するよりも、友達との行動することがが増え、それなりにお小遣いが必要になってくると思うからです。
女性 (39)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。お金は大人になれば使う必要がでてくるものなので、小さいうちから使ったり貯めたりすることに慣れるのは大切だと思います。少額を扱う経験を積むことで将来の勉強になると思います。
男性 (38)
子供にも少額であってもお小遣いを与えるべきではないでしょうか。子供のころから、お金に対する意識を付けさせる。特にお金の大切さを学ぶ事は、将来、必ず役に立つと思います。大人になって無駄遣いをする人にならない様にすべきです。
女性 (26)
子供の頃はおこづかいをもらっていました。月に決まった額とかではありませんでしたが、そのお陰で自分が貰った金額の範囲でどれだけ遊べるか考えられるようになったり消費税がいくらかの計算ができるようになったと思うからです。計画性を身に着けさせるには実際にやらせてみるのが一番だと思います。
woomで聞きたいことはありますか?
生活
政治経済
学校・教育
恋愛
人間関係
テクノロジー
スポーツ
国際
仕事
ニュース
そう思う
で回答する
そう思わない
で回答する
関連する質問
生活保護受給者の多くは甘えている
ずっと同じ場所に住む方がいい
親友は1人でいい
仕事に支障がなければスーツを着る必要はない
instagramのおかげで生活が楽しくなった
四季の中で夏が一番好きだ
趣味にお金や時間を使うのはもったいない
ペアルックをするようなカップルは長続きしない
将来のことは考えず、今やりたいことをやった方がいい
夜の仕事に偏見はない
家族に誇れない仕事はすべきじゃない
マッチングアプリでも幸せなら出会い方は気にならない
都会より田舎に住む方が幸せだ
たとえ嫌でも飲みの誘いは断らない方がいい
時給や月給よりも成果報酬の方が良い
ゲームをする時間は無駄
オシャレは大事だ
LGBTに対しては配慮すべき
部活はやった方がいい
日本は住みやすい国だ