woom

「LGBTに対しては配慮すべき」

そう思う
65%
そう思わない
35%
女性 (30)
私はLGBTに含まれません。 配慮という内容がどのようなことに対するものなのか分かりませんが、私はLGBTを否定するつもりはありません。これだけたくさんの人間がいれば、いろんな感情を持った人や個性があって当然だと思います。その方たちを認めるという配慮でいいのではないかと思います。
女性 (48)
私はLGBTに含まれません。しかし、制同一性障害の方も沢山いらっしゃるので、LBGTに対しては配慮すべきだと思います。私の周りにはいらっしゃいませんが、以前、おかまバーに行った時に男性の方は男性が好きだと言うのでびっくりしましたが、配慮すべきだと思います。
女性 (34)
私はLGBTには含まれません。 そして私はLGBTに対して偏見は無いので、家族にそういう方が居ても問題視もしません。 しかしやはり性癖と同等に見られる事が多く、偏見もまだ多い世の中なのでそういう方が問題視される間は配慮するべきです。
男性 (44)
私はLGBTに含まれません。彼らが必要とするのであれば可能な範囲で配慮することに問題はないと思います。彼らが社会生活を送っていく中で不可欠な配慮であったり、暮らしにくさを解消する配慮は、積極的に行われるべきだと思います。
女性 (27)
私はLGBTに含まれません。恋愛のかたちは自由だと思うので配慮すべきだと思います。子供を作ることのできる恋愛がすべてではないと思うし、それをやめさたり、差別してしまうことは人権を侵害していると思います。
女性 (38)
私はLGBTに含まれません。LGBTが一人の人間であることを尊重されしば差別される世界ではいけないと思う。LGBTでない人間と同じ権利があるとは思う。しかし、LGBTに配慮する余りにLGBTのみの主張が通りそれ以外の人間が我慢を強いられる世の中は間違っていると思っている。皆が譲り合ってこそのノーマライゼーションであると考える。
女性 (28)
どんな人でも好きな格好していいし、好きおしゃれをしていいと思います。 さらに言えば私はLGBTに含まれる社会程生きやすい社会はないと思っています。 こんなにも生きにくいし気も使い過ぎて疲れる世の中程生きにくい社会はないと思います。
女性 (24)
私はLGBTには含まれません。 昨今、このような言葉の社会的地位が上がり、 LGBTに該当する人が少しずつ容認されている。 しかし、かつてからLGBTに該当する人は多くおり、 潜在的な感情を抱えている人はまだ多くいる。 社会的に理解しようという共通認識が生まれない限り この潜在的意識の完全な解放は難しいように思われる。
女性 (37)
私はLGBTに含まれません。友人でLGBTの人が1人います。周りの人たちの反応が怖くて、会社の人には絶対に知られたくないと話していました。カミングアウトすることで気まずくなったり、仕事をしづらい状況になるのが不安だそうです。偏見を持たずに受け入れられたらと思います。
女性 (33)
私は含まれてません。人それぞれの生き方はその人のものであって、世の中のものではないですから、どんな人でも、この世に生れたて以上全うして終えなくてはいけません。だからと言って、何でもかんでも、OKとしてしまったら、恐ろしい世の中にもなってしまうので、なんとも、ハッキリと出来ません。
女性 (28)
私はLGBTに含まれせん。例えば障害のある方や、高齢者の方、妊娠されている方などと同様に、LGBTに含まれる方たちも配慮されるべきであると思う。様々な境遇にある方たちが皆同様に生きやすい社会であること、そう発展していくことを願う。その立場にいないと見えない不便さは必ずあるので、そういった声を聞き入れられる柔軟さが必要だと思う。
女性 (29)
私はLGBTに含まれません。LGBTの人は、心と体の性が違ったり、同じ性別の人を愛したりと、きっと普段から「なんで」「どうして自分は」とか自分の性を疑問に思ったり、周囲に打ち明けられなかったり、打ち明けると周りの人に異物を見るような目で見られてつらい思いをしてきたことがあると思います。社会がいろいろな人がいていいんだと思うこと、多様性を認める社会になれば、LGBTの人も生きやすくなると思います。
女性 (33)
私はLGBTに含まれません。配慮しすぎてもキリがない気もしますが、例えばこの人がそうだと分かったうえで明らかに嫌な態度や悪口を言うのは良くないと思います。結局は人と人なので、複雑で本人がどう感じるかはそれぞれで難しい事だとも思います。
女性 (32)
私はLGBTには含まれません。でも配慮すると言うか、同じように接するべきだと思う。この時代、色んな考え方や色んな生き方が認められつつある社会だと思う。だから、あえて特別に配慮するのではなく、普通に社会で過ごせるように配慮するべきと思う。
女性 (37)
私はLGBTに含まれません。しかし、先日の選挙の投票所で非常に嫌な思いをしました。受付の女性に下から上に無言でじろじろ見られました。ショートカットなので時々男性に間違われることがありますが、間違いに気がついた人は大抵謝ってくれます。しかし、不躾な視線でじろじろ見ても謝らない投票所の受付に腹が立ちました。翌日選挙管理委員会に苦情を言いました。「時々男に間違われる程度の女が気分を害するということは、LGBTの人だったらトラウマになるレベルです。現に選挙に行くことを躊躇っているLGBTの人の話がネットの記事になっています。今後はこういった無礼なことはやめてほしい」と伝えました。
男性 (40)
私はLGBTに含まれません。 ですがLGBTの人たちに対しては配慮が必要だという風に考えています。 それは自分が海外でレインボーパレードなどを目撃して、セクシャルマイノリティの方の生きづらさを体感したことと密接に関連しています。
男性 (31)
私はLGBTに含まれません。 配慮すべきところはあると思いますが、配慮しすぎて特別視してしまうと普通に生きたい人はその目を気にすることになるし、普通に接して普通に生活できる環境作りが大事な気がします。 一番念頭に置かなきゃいけないのが、事実を知って周りで攻めてはいけないこと空気を変えないことだと思います。
男性 (39)
私は/僕はLGBTに含まれません。でも自分はLGBTじゃないから関係ないとか、少数派だからか関係ないという考え方は危険だと思います。なぜなら自分が他の場面で少数派になった時に、自分がLGBTに配慮しなかったことと同じように自分もまた切り捨てられるかもしれないからです。だからLGBTなど弱い立場の人に配慮するのは大切です。
女性 (54)
私はLGBTに含まれませんが、相手がそう望むならば配慮した方がいいとは思います。しかし、普段の生活の中で、あまり意識しなくてもいい関係つくりができたらいいとは思います。あまり意識してもギクシャクした関係では疲れてしまうので。
女性 (33)
私はLGBTに含まれません。まだまだ差別意識を持っている人たちがたくさんいるし、本人たちもそれをわかっていて生活している人たちが多いと思う。恥ずべきことではないしその人の自由なはずなのに周りの理解のない人のために嫌な思いをして欲しくないので配慮するべき。
女性 (32)
私はLGBTに含まれません。しかし、LGBTには配慮すべきだと思います。LGBTについてはセンシティブな問題だと捉えており、そのために生きづらい思いをしてきた方も多いと思います。そうした不安を取り除くためにも、ある程度の配慮は必要です。
女性 (38)
私はLGBTに含まれませんが、昨今、ニュースなどでLGBTの方の取材映像を拝見しました。ただ人のことを好きになって、その人と結婚したいのにできないというのは、あまりにかわいそうです。様々な考え方があるとはいえ、この点はまず解消できないのかなと考えてしまいます。
女性 (43)
私はLGBTに含まれません。ただ、生まれつきの病気だと考えるため、自分の意志でそうなってしまったわけではないことを、周りは理解すべきだと考えます。LGBTの方によっては普通通りに接して欲しい方もいると思うので、その辺りは気遣いも必要かと考えます。
女性 (52)
私は、LGBTに含まれません。 たまたま、私は含まれませんが、それぞれが、尊重されるべきだと思っています。まだ、少数派は尊重されづらい世の中だと思いますが、生を受けたものはすべて配慮され、尊重され、幸福感を持って生きることが許される世の中だと、結果世の中全体が良くなると思います。
女性 (25)
私はLGBTに含まれません。 世界を見るとまだまだ日本はLGBTに対しての理解が低い。 「体の性別が男だから女だから異性を好きにならなくてはいけない」と言う 考えも世界を見るともう古くなっている気がする。 同性同士の交際や結婚も許すべき。個性として皆が受け入れる国になってほしい。
女性 (50)
私はLGBTに含まれません。ですが、そこの気持ちというのはLGBT本人にしかわかり得ない気持ちというのがかなり大きいと思います。それならばやはり配慮すべきだと思います。配慮をすることで生きやすい世の中になると思います。
男性 (64)
私はLGBTに含まれません。社会的に見れば、LGBTは少数派であり、またある意味で特異な視線で社会から見られているように思います。出生率の低下とか人口減少とかいう先進国で抱える重要な課題はありますが、だからと言ってLGBTが悪いとは言えないと思います。個々の人々の主義主張は、社会に直接的な悪影響を与えない限り、容認されてもおかしくないのではないかと思います。それが、文化の多様化であり、多文化共生の在り方であるように思います。
女性 (27)
私はLGBTに含ませません。 ですがLGBTを配慮すべきだと思うのは、人がみんな同じ生き物ではないからです。女性が男性を好きになるのが当たり前、という考えが正しいと思われ、「普通」が好きな日本人が、それを定着させています。しかし、どうしても同性が好きになってしまうひともいます。これこそ個人の尊重であり、その人の幸せを応援すべきだと思います。
女性 (26)
私はLGBTに含まれません。ですが、同じ人間として性別を超えて人権があると思うので、男性や女性とは別の枠として平等に扱われるべきだとおもいます。なので、違いを認めて互いに配慮することはとても大事だと思います。
女性 (24)
私はLGBTに含まれません。いまだLGBTに偏見をもつ人はいます。ですが人それぞれ性格が違うように、人の好みもまたそれぞれ違うことは当然のことです。特別な配慮をしろとは言いませんが、差別的な態度を取らないようにすることが必要だと思います。
女性 (32)
私はLGBTに含まれません。 実際LGBTの方にお会いしたことはありますが、得てしてそのかたがたは本当におもしろいです。 ただ好きな人が同性だったという違いだけ。それもまた個性だと思います。 その個性を排除したり、それを理由に拒むのはおかしいのではないのでしょうか。
男性 (32)
「僕はLGBTに含まれません。」 友人や家族など身近にLGBTに該当する人がいないので、 あまり気にしていませんが、そういった人達が生活しやすいような 配慮は必要だと考えます。 個人的には誰にも迷惑をかけていない、自由に生きていて尊敬に値すると思う。
男性 (40)
僕はLGBTに含まれません。 今この時代は、だいぶ配慮が出来てきていると思うが、まだまだ世間の目線は冷たい部分もあると思う。そう言った部分がなくなるように、みんなが同じように見てもらえるようにいろんな事を改善する必要はまだまだありそう。
女性 (32)
私は/僕はLGBTに含まれません。本人が望んでいない配慮まではすべきでないと思いますが、社会生活上必要な配慮は、当事者やLGBT以外の人両方の意見を聞き、していくべきだと思います。どのような配慮が必要なのかという議論がたくさん行われれば良いと思います。
女性 (44)
「私はLGBTに含まれません。」異性を好きになっても、同性が好きでも、どちらとも時のより好きになるのが変わっても、人間であることにはかわりないので、差別されるべきではないと思います。同性婚も認めてよいのでは思います。
女性 (36)
自分らしく堂々と生きていけることが人間の権利だと思います。LGBTに偏見の多い社会は悲しいです。一方で、なかなか理解できないところもあるので、LGBTの方も恥ずかしがらず正直な思いを堂々と話していっていいと思います。理解が深まれば受け入れられる人もたくさんいるはずです。
男性 (55)
私はLGBTに含まれません。ですがそういった知人もいるし、その人がいることで何か問題が起こったこともありません。そもそも道に迷っている人に道を教える親切さと、少数者に対する配慮とに、大きな差はあるのでしょうか。疑問です。
男性 (48)
僕は、LGBTに含まれません。 性的少数者の存在は、ちょっと目立って、ドキッとすると言う人もいるようですが、人権及び文化として、了承すべきと思います。 ただ、人権の理論でなくて、生理的な問題という部分で好まれない向きもあると思います。時と場合によっては、LGBTの方も、雰囲気を変えて、マナー的に対応することもしていただきたいと思います。
女性 (21)
私はLGBTに含まれません。 ここ数年、LGBTの方に配慮するため、学校の制服が男女どちらでも選ぶことができるようになったり、同性婚を認めようとする動きがありますが個人的にはそれぞれ人権があり選択できるのはいいことだと思うからです。
女性 (26)
私はLGBTに含まれません。 性別の一つとして認識するべきだと思います。 今まで、LGBTの友人が何人かいましたが、至って普通の人です。 男性・女性と二極化するのではなく、血液型のように型が複数あると思えば性別はどちらでもよく、特別な配慮が必要とは思いません。
女性 (26)
私はLGBTに含まれません。配慮すべきでないと回答したのは、何を配慮すべきなのか分からなかったからです。LGBTの方の前で結婚や子供の話はしない、とかでしょうか?でもLGBTでない方と一緒の場にいる、という時点でそういった話になるのは分かりきっていることなのではないでしょうか?なので配慮はしないです。
女性 (41)
私はLGBTには含まれません。LGBTの人たちに配慮をする意味が分からない。実際に自分がLGBTではないので何に困り理不尽さを感じているのかわからない。世の中少しでは人と違えば、平等にという風潮があるがそれこそが特別扱いをする偏見に思う。
男性 (55)
「私はLGBTに含まれません。」が、そもそも「LGBT」に対す配慮ということに疑問があります。「LGBT」について、特別であるから配慮する必要があるというであれば、それは「間違い」ではないかと思います。一人の人間として「LGBT」はその人の個性であり、特別なものではないと捉えるべきものではないでしょうか?一人の人間として接するのに「LGBT]に含まれない方を違った対応をとること自体がおかしなことではないでしょうか?
女性 (25)
私はLGBTに含まれません。LGBTだからといって特別な配慮は必要ではないと考えています。なぜならLGBTは病気や障害ではなく一つの個性だと思っているからです。その個性を潰してしまう世界はよくないと思いますが、周りがLGBTについてより理解がある世界であれば、特別な配慮などなく普通に接してなにも問題ないと思います。
女性 (38)
私はLGBTに含まれません。なぜなら、私は性別にこだわりを感じています。そして、同性を見てもときめき、興味を感じないからです。また、私自身も綺麗な女性でありたいと望み、努力しているからです。そう思う限り、含まれないと思います。
女性 (28)
私はLGBTに含まれません。 何に対して配慮が必要なのかわからないためそう思わないと回答させていただきました。 普通に女性が女性を好き。男性が男性を好き。でいいじゃないのか?と思います。 最近は芸能人の方や、LGBTに関するドラマも増えてきていていいと思います。
女性 (49)
私はLGBTに含まれません。私は、アルファベットで言えばGBの人達が友達にいます。彼ら自身が配慮して欲しいと思っていないからです。ただ、選べる職種が決まってしまうようで就職するのが難しいと聞いた事があります。配慮するのは個人ではなく社会全体としてではないでしょうか?
女性 (39)
私はLGBTに含まれません。しかし、それに関して偏見も持っていないし、特別扱いする必要もないと思います。むしろ特別扱いしてしまうことこそ余計な偏見を生み、奇異の目で見てしまうことを助長してしまっているような気がします。
女性 (34)
私はLGBTに含まれません。 配慮という文言の捉え方が難しいと思います。特別扱いをする必要はないと思います。彼ら、彼女らに合わせる必要はなく、同じ様にできること、認めることは認め、出来ないことはしょうがない、とするので良いのではないでしょうか。すべての人が1~100まで文句なく、快適な環境なんて、この世には存在しない。誰かしら少しずつ我慢と譲り合いをしていると思います。
女性 (48)
私はLGBTに含まれません。 特別な配慮をすると返って傷つけたり気を遣わせたりすると思うからです。私は偏見はありませんが、特別視をすることはしないと思います。普通に接することで相手も安心してくれるのではないかと思います。
女性 (54)
私はLGBTに含まれませんが、性的マイノリティーの人達に偏見も持っていませんし、普通に接することが大事だと思います。そういう人達に特に配慮するということ自体が特別視しているイメージを受けるので、特別な配慮は必要ないと思います。
女性 (24)
私はLGBTに含まれません。人間はみんな平等で人を好きになるのはその人の自由だから、わたしはLGBTに対して配慮すべきだとは思いません。LGBTの人たちは気を使われることなく堂々と過ごしていいのではないかと思います。
女性 (41)
私はLGBTに含まれません。ですが、LGBTを理由に配慮するというより、個人の事情への配慮という形にするべきだと思っています。「○○だから配慮してほしい」という言い方は、それを面白がってけなす人がいる以上、かえって本人の傷口を広げる可能性があるため、避けたほうが無難ではないかと思います。
女性 (33)
私は、LGBTに含まれませんが、お互いが好き同士だったら、堂々としていればいいと思います。恋愛を誰かに否定されたり、否定する人は心が狭い人だと思うし、沢山悩んでいる人たちがいるのだから、もう少し回りが柔軟な考えになればいいなと思います。
女性 (24)
私はLGBTに含まれません。 自由の権利があるので、あってもいいとは思うが"必ずしも"周りが気を使って配慮するべきではないと思う 配慮した方がいいと思う人は配慮すればいいと思うし、LGBTが不快だと思う人も世の中にはいると思うので。
女性 (30)
私はLGBTに含まれません。 LGBTであるのは構わないのですが、配慮するほどではないと思います。生物学上、異性に惹かれ恋愛・結婚するというのが流れのなか、違う方向へ進むと決めるのはそれなりの覚悟・責任が伴うものです。
女性 (24)
私はLGBTに含まれません。 同性愛については全く偏見はありません。 実際私の友達も同性愛の方はいました。 ただ好きになった人がたまたま同性なわけで 好きの気持ちは一般の人たちとなんの変わりもないと思います。
女性 (41)
私はLGBTに含まれません。配慮すべきではないというと語弊がありますが、そもそもいちいち人に自分の性別や性的嗜好について開示する気はないので、声高に主張するLGBTの人は苦手であります。配慮をしてほしいならいわゆる普通の女である私のことも尊重してほしい。性別にこだわりなく接するが、配慮を求められたら拒否をする。
女性 (34)
わたしはLGBTに含まれません。 それでもやはり、思春期は女の子のことが気になったりしました。性的ではなくて、尊敬の気持ちでですが。 周りにカミングアウトされてるlgbtの人がいなくて心境がわからないこともありますが、甘えで言っている人もいる気がしてしまい、あまり配慮の必要を感じません。 だって、生き物として、同性同士じゃ繁殖できないんだからおかしい気がしますし。精神的な問題な気がします。
女性 (26)
私は、LGBTに含まれません。 しかし、配慮するということ自体が彼らにとって差別的な行動になりかねません。 LGBTという枠組みに違和感があった時代は終わっています。今は、どんな性の形があってもいい時代だと考えますので、それを働く上で、生きていく上で区別すべきではないです。
woomで聞きたいことはありますか?
生活
政治経済
学校・教育
恋愛
人間関係
テクノロジー
スポーツ
国際
仕事
ニュース
そう思う
で回答する
そう思わない
で回答する
関連する質問
金持ちは悪い人ばかりだ
よく寝られるかが幸せの尺度である
自分がいつか死ぬことを意識して生活した方がいい
病気で衰弱しても延命はしたくない
消費増税には納得できる
選挙権があっても「選挙に行かない」という選択があっても良い
instagramのおかげで生活が楽しくなった
夜の仕事に偏見はない
twitterのおかげで生活が楽しくなった
実力よりも顔の方が大事
恋人間、夫婦間で隠し事はしない方がいい
ゲームをする時間は無駄
スマホはなくても支障はない
子供に自分の部屋は必要ない
四季の中で夏が一番好きだ
日本は世界に対して発言力が強い
出社時間、登校時間は早い方がいい
子供ができても産まない選択があってもいい
住居は買うべき
多少添加物が入っていても安い方がいい